<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
VitaminZ Graduation 総括

コンプリートしました。やっぱり一ヶ月はかからなかったな。
多分全力で行けば2〜3日でコンプできる量だと思うんだけど、一日ゲームばっかってわけにもいきませんわな。
あと自分でちんたら引き伸ばしたと言うのもあるから、ってまぁそこはいいです←

Graduation と言うタイトルがついているように、進路が決まり卒業までの短い期間(多分1ヶ月くらいかな)を描いています。
FDなので1人1人のストーリーは全5章と短めです。EDは本編と同じ3種類(完璧、夢、通常)で、どれか一つEDを見るとご褒美シナリオが開きます。A4P26人の全EDを見ると、先生立ち絵にある生徒6人のご褒美シナリオが見られます。
裏聖帝忌憚は教師5人のストーリーで、5章終了時点で1番好感度の高い人物とEDを迎えます。
…個別ストーリーがなかったのは、FDだししょうがないかぁと思いましたが。あと、確認し忘れましたが、裏聖帝が開く条件はきっと生徒1人クリアすればOKなんじゃないかと。

スチルに関してはZは色々言われすぎているので大して期待してなかったけど(おい)、出来がいいものとそうでないものの差はありますね。全体像を見せるために人物が小さくなってしまったものもあって、そこを何とか工夫できないものかと思いましたが、しょうがないか。
システムはもはや文句のつけようがないくらい快適ですね。バッグログ機能、あれはホントにイイです。すごく助かりました。

X−ZとしてFDでプレーはしたものの、Z単独でのFDは初めてだったのでとにかく懐かしくて。また6人に会えて嬉しかったですね。最初のPS2版が出たのが2009年なので、すでに4年…過ぎてみればあっという間でした。
ルートによってはそのX−Zの時のネタもちょっと入ってたりして、それはそれで楽しかったです。(卒業式の祝電が思わぬ人から来ていたり、林間学校に行った時に知り合った人と未だに交流があったりetc)
生徒たちは概ね好意を持っている時期なので、どのキャラでもそこそこ甘いんだけど、その辺はシナリオによってそれなりの差があったと思う。

GTRは明らかにパワーアップしてて、のっけから出てきた時は笑いましたwwこちらもだいぶ砕けて接してくるので、教師としての威厳はどこいったと聞きたくなる事も← 裏聖帝での告白タイムは生徒の比ではなかった…大人パワー恐ろしやw

マニアックボイスやキャストコメント、チビタミンZ、特典CDなどはまだなんでこれからのんびり聴く事にします。

短いですが、6人+5人の感想を。もういい加減ネタバレってると思うんですが、一応伏せておきます。




【成宮 天十郎】

卒業式で皆の心に残る神輿イベをやりたい!と生徒会に掛け合い、その引き換えとしてボランティアをする事になった天ちゃん。けれど頑張りすぎて過労のために入院する騒動にまで発展。ちぃちゃんに「自分の限界を知れ!もっと他人を使え!」と叱責されてしまう。
今まで「俺様が俺様が」で何かと仕切りたがる天ちゃんが、その事をきっかけに人と協力して物事を成し遂げる事を覚えます。卒業式の神輿イベントは生徒も先生も巻き込んですごく楽しそうでしたね。
天ちゃんルートはA4の残り3人がやたらとおせっかいを焼く所がポイントですね。先生に好意を伝えたくてもボキャブラリーが少なくてもだもだしてる天ちゃん可愛い。夢EDヨメ花火は色々と破壊力ありすぎてばくしょうしてしまったww

【不破 千聖】

相変わらず思い出したように家と友情の狭間で悩むちぃちゃん。天ちゃんが何とも思ってないのに、自分の不注意で怪我をさせてしまったと悔やんでいるのを見てると、ここまで自分を追い込まんでも…と思わなくもなかった。正直この問題は本編で解決してるでしょ…生真面目で責任感が強いが故の事とは言え、何でFDで蒸し返したんだろと思いましたね。
それでも油断してるといきなり爆弾発言投げてよこすのがちぃちゃんなので、その辺は楽しませていただきましたw何ですかあの肩揉みスチル。慌てると土佐弁出るのにも(・∀・)ニヤニヤ。
ナルミーシーで2人観覧車に乗ってる時が1番好きだな。問題解決するまでは一杯一杯だったし、、やっと先生の方を見る余裕ができたって感じで。
完璧EDが新婚しててさすがの甘さです。夢EDで夜景を見に行くのもよかった。ちぃちゃんのルートプレーするとお腹すくの何とかして欲しい。

【多智花 八雲】

卒業式に3年生全員で合唱をする事になり、曲をやっくんが作る事になります。しかもその曲のソロパートまで担当する事に。やっくんの喉はこの時点ではまだ完治していません。
天ちゃんと似ているのは、一人で何もかも抱え込もうとするとこですね。案の定抱え切れなくてぼろぼろ落ちてしまっている。やっくんの性格を見抜いているアラタが何かと心配しているのもわかる気がする。やっくんは阿呆ではないけど、考え方が中途半端に大人なのですよね。背伸びしすぎていると言うのかな、芸能界にいるとどうしてもそうなるのかな。
卒業式当日、前日の無理がたたって途中で声が出なくなるも、A4のメンバーが代わりに歌ってくれて、人に支えてもらう事の大切さを知るやっくんでした。慧ルートと並んで、1番卒業式らしいルートだったかも。あの歌CD化しないかな…

【嶺 アラタ】

先生が他の生徒と仲良く話しているところを偶然にも目撃したアラタ。その時感じた感情が嫉妬だと認めたくなくて悪あがきします。先生をわざと避けたり、話をしようと引き止めてもお花ちゃんたちとのデートに明け暮れる毎日。無理している事は先生にとっくに見抜かれているのに、なおも突っ張り続け、ついにテンパってしまうアラタにやっくんの「バカか!!一番笑わせなきゃいけない人泣かしてどうすんだよ!いい加減気づけよ!」と言うセリフがまた惚れ惚れするくらいいいものでした。
卒業式前のドタバタテニスは面白すぎて腹痛かったww完璧EDで髪を下ろしたアラタが見られたのは大変おいしゅうございました\(^o^)/
X−ZのFDでも思ったんですが、アラタの自己犠牲が大きい性格は馨さんの影響大なので、そろそろその辺から脱却して欲しいなと思ったりもした。
やっくんとの出会いを思い出すシーンですが、まぁあれは賛否両論でしょうね…

【方丈 慧】

今回慧は一番最後に攻略し終えたのですが、卒業生と先生を巻き込んでの大団円ルートでもあったので、そうしてよかったかなと思いました。
もうすでに第1章から先生好き好きオーラがにじみ出ていて隠しようもないところが可愛くて可愛くて!答辞が先生への告白になっちゃってるのを自分で気づいて慌てふためく所がまた(以下同文)
理事を怒らせた事で、その責任を取り卒業式を欠席すると宣言した慧。A4も那智も先生も、一生懸命本人を説得しようとするのですが慧は出席しないの一点張り。それでも当日何とか理事を(脅して)説得し、卒業式に出られる事になった慧は立派に卒業生総代として、答辞を終えます。その中身が本当によかった。卒業おめでとうと言ってあげたかった。
ヘリから先生を抱いて飛び降りる時のあの告白がもう王子様そのものでやられましたよ…白馬に乗ってきた夢EDを思い出しちゃったよ。「初めて覚える感情をひとつ知るたびに、あなたの存在は僕の中でどんどん大きくなった」とかもうね…胸がいっぱいだよ…(´;ω;`)
何となく物足りないなぁと思ったのは、多分慧の怒鳴り声をあんまり聞かなかったからかも。何だかんだ言って皆慧に叱られたいんだよね!← 
完璧ED見ながら「ああ、慧は長男だし親と同居だよな…」とちょっとぬるい気持ちだったのは内緒。

【方丈 那智】

6人の中で那智のルートが1番甘かったと思う。意地悪な面はあるものの、全面的に心許されているのがちゃんとわかるので、見守るような気持ちでプレーしてました。
慧の陰でいる事をやめたのはいいけれど、自分の進路がまるで見えてこない那智。何でも出来てしまうだけにやりたい事も絞れないし、色んな自分を演じていたせいでどれが本当の自分なのかもわからない。そんな時、かつて自分がかかわった暴走族が報復にやってきます。
言い争ううちに多分心の整理がついたのでしょう(強引)、けれど卒業式には出席しないまま、教室からバット型のマイクを使って特別答辞。あれは色々出来すぎだろうww
告白の後「あなたに見合うようないい男になるから」って、こんな事まで言えるようになったんだなとある意味感動しました。
それにしても那智だけ何で進路変えたんですかね?教師も悪くはないけど、やっぱり自称:悪徳弁護士が良かったよ。本編のマンションでわいわいしてたのも好きだったからその辺すごく気になった。
あと、通常→夢→完璧のEDの繋がりがちゃんとありましたね。キャラによってはそうでもないものもあったので。

続いてGTRとR+。教師達だけで生徒を送るためのイベントをする事が決まり、先生はそのお手伝いを頼まれます。

【天童 瑠璃弥】

聖書の朗読を出し物にしようとしてたけど、案の定先生に止められ何と二人で漫才をする事に。
そのために衣装なんぞをいっぱい買い込んでくるのですが、もはや仮装大会の域になってますけどね…スチルをあのような鼻眼鏡で潰すなんて天童先生って…天童先生って…(^ω^;)
天童先生は正直ジャケットプレイとあのハイテンションさえあれば他には何もいりません← 上条先生のルートで七輪で魚焼いてるシーンがあったんですが、点火方法が静電気と聞いて笑いましたwwそういえばそうでした、的な。
天童先生といえば「マリア」呼びですが、あれもう何度も呼ばれると耳テロって言うんですか…恥ずかしい///// EDは水族館デートでした。あーんってして貰ってやけに嬉しそうでしたね。

【加賀美 蘭丸】

ランマールの出し物は音楽教師らしく、校歌をロック調にアレンジして歌う事になり、いろんなアレンジを先生に聴かせるのですが、先生が途中で寝てしまいおぶって自宅まで送っていきます。
その道中の独り言がいかにもランマールらしくて、男に見られてない的な葛藤も入ってるので余計に面白かった。慧とはちょっと違ったツンですね、彼は。家に上がっていかないかと言われ「俺は男だと意識されていないうちは、絶対にお前の部屋には上がらない」と、かーなーり遠まわしな告白でしたが肝心の先生は(ry まぁでも奥手と鈍感同士上手くいってよかった。
しかしED…ギャルゲーで見たイベントを再現するってこのゲーオタめが!リア充になった癖に何やってんでしょうねこの男はww
中の人ネタになっちゃうけど、ずっとレンみたいなイケメンの声しか聞いてなくて、今回ランマールの3枚目な声を聞いてすごく新鮮だった。

【桐丘 凛太郎】

「シュゲーナイト」の名の通り、彼は生徒全員に手編みのコースターをプレゼントする事になりましたね。先生にもレースの指輪を作ってプレゼントしたりと、結構積極的でした。既婚者ゆえの余裕ってもんでしょうかね…いやその前にバツイチの攻略キャラと言うのもかなりレアなのですが。
大くんと亮くんは今回も天使でした。彼らが居るから桐丘先生老けて見えないんだろうなと思うよ。
教師同士の結婚なのでさぞかしお出来になるお子さんになるかと…
それと、EDスチルが教師5人の中で唯一キスしているものだったので色んな意味で大胆やなと。そこ往来ですし。

【上条 元親】

こっそり聖帝に忍び込んでお金を置いていこうとしていた上条先生と理事長でしたが、先生に見つかって職員室に誘導され、姿を隠して今回の出し物に参加する事になりました。オリンピックに出るほどの腕前だったアーチェリーを生かし、ナイフ投げをする事に。この時のスチルが半端なくかっこよかった!てか、上条先生のスチル2枚ともすごく綺麗だったような気がする。
銀ちゃんの計らいでフランスにある聖帝の姉妹校へ行く事になったのですが、先生に一緒に来て欲しいと言うのかと思ったら遠距離恋愛を選びましたね。それがまたよかったのかも。

【佐伯 影虎】

やはり理事長と呼んでしまいますねーこの人の事は。
彼はなぞのマントを生かして(?)マジックを披露する事になりました。「ミスターさえっく」と言うゆるキャラ的な名が何か可愛いw「氷のナポレオン」とまで呼ばれた人が、随分人間的に柔らかくなってますね。先生に対してジョークみたいな事まで言ってるし。
ただ、わたしにとって理事長は恋愛要素よりも師弟愛みたいな方が強くて、ずっと見守るポジションでもいいかなとか思ってます。最後のマジックで花をくれたのはツボでした。あれは嬉しいですよ。
出来ればずっと謎多き人で居て欲しい。

以上、これにてビタグラおしま〜〜い\(^o^)/



みんな可愛い!パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

有妃 | Vitamin | - | -
P2おしま〜い!
 夕べ遅くP2攻略し終わりました!今回は那智→慧の順で攻略しました。
那智は甘かったなぁ…(つω`*)悪いものが全部落ちたみたいに優しいし、時には意地悪だけど心許されてるのは十分わかるので、終始優しい気持ちでプレーしてました。
本編の時もそうだったんだけど、那智はことわざで煙に巻いてくるのでついそのままスルーして「あれっ!やっぱ今のおかしい!」とバックログで戻ったのがアラタと同じでしたね。あれもまぁ、ホントにわかってるんだかわかってないんだか、って感じですがw
第5章でヤンキー相手に啖呵切る時はかなりドス聞いた声だったなぁ。ちょっと高校生には聞こえなかったかも。
あと那智だけは本編とED違ってて、何で変えたんだろと思いましたね。わたしは自称:悪徳弁護士の方がよかったんだけどな…うーん。あれは返ってちょっとどうなの。うーん。
しかし双子の小さい時のスチルは可愛かった!文句なしに可愛かった!瞳の色が違うだけでホントそっくりだったし(双子ですからね)
今回慧は最後でしたが、卒業式に出る出ないのすったもんだがあった事から、最後にして良かったかもと思いました。那智もどっちかと言えばそうだったんだけど、第1章からすでに先生大好きオーラが駄々漏れてて、PSP持ったままへんな笑いがこみ上げてくるしでわたしが大変でした←
慧ちゃんは終始友について熱く語ってたなぁ…上下関係抜きで同年代の人間を認める、その辺が彼の1番大きく成長した所なので、ホントによかったなぁと思います。まぁあんまり構ってもらえない那智さんが時々拗ねてたのはお約束ですが。
あと演じ方ちょっと変えたのかな?時期が時期だけに声高に怒鳴るシーンは少なかったんでこんなものかなと思いましたが。慧は皆を叱ってなんぼな所もあるので、「この阿呆が!」が出るとついニヤニヤしてしまいました。



このスチルは1番好きです。

で、A4P26人のED全部を見るとボーナスシナリオが開きました。



アホサイユに集まって特別補講をするついでにお泊りすることになった6人の妄想パジャマパーティ(笑)だそうです。
やっくんが↑のような事言っててばくしょうwwあまりに面白いので3回続けて再生しました。まぁでも妄想にかけては1番危ないの那智じゃないのと。天ちゃんと慧はつい正直に本音をぽろっともらしてしどろもどろになってツンデレ発動。やっくんとアラタはもともとオープンスケベなので問題なし。揺るぎないむっつりはちぃちゃんだろうな!

今は裏聖帝中です。GTRは回収し終わったので、あとはR+のみ。

しかし天童先生のマリア、あれは何度も聞いてると恥ずかしいわ(///o///)ゞ勘弁して欲しいレベル。
有妃 | Vitamin | - | -
A4攻略終わり!
 夕べでA4は全てED回収し終わりました。
一言ずつ感想述べるとすれば、天ちゃんは4人の中で1番甘く、ちぃちゃんは逆に甘さがちょっと物足りなかった。やっくんは1番卒業式らしいルートで、アラタはおおっやきもちやいてる!←アラタだけすごい具体的ですがw
補足するとちぃちゃんは恥ずかしい事を言っているという自覚がなくて、先生の反応を見て改めてパニくるパターンが多いからなぁ。今回もそういうシーンでは土佐弁でまくりでしたがw
あとちぃちゃんて「貴女」呼びだったっけかな…「お前」と「貴女」使い分けてたような。



ナルミーシーのマスコットキャラナルシーくん。語尾に「てやんでぃ」をつけるのと、去って行く時「ナルシッシ〜」と言うのが口癖です。
天ちゃんによると「可愛くてかっこいい」キャラを目指したそうだけど、カッコいいはともかく(おい)可愛いのは当たってる。D3さんナルシーくんのぬいぐるみ商品化すべきですよ絶対、ンフッ。

全部で5章、EDは本編と同じく完璧、夢、通常の3種類です。各EDの条件も変わってません。
その辺は慣れたもんで楽ですね。天ちゃんとやっくんは突っ込みポイントわかりやすくて、アラタは煙に巻くような発言が多いのでぼーっと進めてるととついそのままスルーしてしまい、慌てて戻った事もしばしば。ホントこのバックログ機能便利すぎる。
FDなのでシナリオ短いのはしょうがないかなー。当然物足りないと言う話も出てるだろうけど。

慧の声が抑え気味ですね。演じ方変えたのかな。本編ではほぼ叫んでいると言ってもよかったんですが、まぁ時期的にA4とも仲良くなっているので慧だけでなく、那智も口調が穏やかです。でも時々黒っぽい那智は出るし、「この阿呆が!」と怒るとやっぱ慧だ〜って感じです。ルートはこれからなので楽しみです。

GTRも相変わらずで面白かった。天童先生はテンション高いし、ランマールはヘタレだし、唯一普通な桐丘先生も今やGTRフラッシュ出す時躊躇ってない。毎回あのBGMと共に出てくる時は笑い転げてました。生徒会のと同じで聞くだけで笑いがこみ上げるBGMってどうなのかと思うけどそれがビタミンだし←

先日B6のイベントがあってRのキャスト発表があったらしいけど、B6T6全員がスライドだとは…
B6の人気にあやかりたいだけなんじゃないのかとか。数人は被るかもと思っていたけど、まさか全員とは思わなかった。でまぁ、B6スライドならT6もだろうなと思っていたらその通りで、中の人ありきでRキャラ設定しちゃったのかと。これがZにB6出さないでそのままRにと言う事ならここまでもやっとしなかったかもしれませんが。
嫌かと聞かれるとう〜んって感じで心中は複雑、って所でしょうか。このまま行くとわたしは買わない確率高いですが、もうちょっと時間がたつと心境の変化もあるかなって事で。


有妃 | Vitamin | - | -
届いた〜
 

一足先に桜の季節ですね。待ち遠しかった〜><
D3から出荷通知が来た時にはすでに自宅の近くのクロネコで留め置かれていましたw。
確かXの沖縄旅行DVDの時もそうだったっけな。何日寝てたんだろ。公式仕事はぇえなww



封入されていた卒業式の式次第を読んでたんですが、聖帝学園の評価はABCなんですね。
P2はともかく、A4は自分の得意分野ではちゃんとAA(最高評価)ついてるのがさすがだなと思った。
でもあれだね、成績表もAAばっかだとつまんないなぁ(おい)

と言う訳で明日から聖帝学園に赴任して来ますよー。2月なのでちょうどいい感じにスタートが切れそうです。
PSPの壁紙も変えなきゃな。
有妃 | Vitamin | - | -
VitaminZ Character Song CD 百歌繚乱 其の禄 ~VitaminZのテーマ~
A4+P2(CV:KENN&前野智昭&代永翼&森久保祥太郎&入野自由&野島健児)
ディースリー・パブリッシャー
(2012-08-22)

Zキャラソン第四弾はA4P2合計6人による賑やかソングです。愛してるZ!!!!!
それだけに色々惜しいいいいい!と叫びたくなる部分もあったのですがとりあえずおいといて。

ZはXと比べてハードなイメージのある曲が多いので、飛ばし気味のロックかなと思ってたので意外。カッコいいタイプの楽曲ではなかったけど賑やかで楽しい曲でした。歌詞もそれぞれのキャラに合ってるし、お互いに掛け合いみたいになってて思わず笑ってしまった箇所もありました。6人の「せーの!」の掛け声もよかった。舞台のZで歌われたと聞いて納得(。◠‿◠。✿)間奏に入ってるセリフはプロポーズのようで甘いです。ああちくしょう、何度EDでゴロゴロさせられたかww←

それだけに曲がこれ1つだけって言うのが惜しすぎるんだけども。

これは単にわたしの我儘なのですが、値段は当然上げてもかまわないのであとA4で1曲、P2で1曲作って欲しかったなーと。ええ、贅沢なのはわかってるんであえて言わせてくれ。それが無理ならせめて6人のおまけトラックを入れて欲しかった。1曲オンリーって言うのはちょっと寂しすぎるよ。
さらに譲歩するなら、3:45と言う曲をもっと伸ばして、セリフを入れたり出来なかったのかなとかそんな事も思いましたが。

そんな感じでとにかく惜しい一枚。まぁ今回は展開多かったししょうがないかなとも思ったんだけどね。(惜しい惜しいと何回言ってるんだって感じですがだってホントに惜しい!)

話は変わって。

8月末に注文したパソコンが届いて、先週の土日にかけてセッティングしました。XP→7への転送がちょっと手間取ったものの特に問題なく出来ました。自分でDLしたアプリなんかはまたDLし直さなきゃならなかったし、顔文字もきれーーーいに消えてましたが(´;ω;`) ちまちまやった結果それも問題なし。
今回はメモリ8GBにHDD2TBと嘘みたいに余裕を持たせたので作業自体はホントに楽。ファンが唸りまくる事もめったにないし快適です。特にXアプリに曲を取り込む時すごく早かったので感激した。
しかしXアプリとitunesのバックアップはもっと間近で取っとくべきだった。結局入れ直したCD5枚くらいあったしな…



わたしのXアプリの殆どを占めているビタミンとうたプリ。こうして並べてみると壮観\(^o^)/
J−POPもあるにはあるんですが、隅っこに追いやられてるww

有妃 | Vitamin | - | -
| 1/21PAGES | >>