<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< W杯始まって | main | えーっと… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
Starry☆Sky~in Autumn~星的収穫浪漫譚
 スタスカ「浪漫譚」シリーズ第三弾、秋組の「星的収穫浪漫譚」です。

聴いているうちに「大人たちの空騒ぎ」と言う造語が浮かんできてしまった。アダルトな三人なのにコメディ色が強かったですね。
秋といえば収穫祭(笑)。と言う事で、星月先生の姉琥春さんの「イノシシ鍋が食べたいわー」と言う「命令」で、材料調達から始める羽目になった3人。直獅がはっちゃけすぎだろうと言うくらいテンション高いです。さすがお祭り野郎w
その五月蝿すぎる直獅に水嶋先生が突っ込んだり、琥太郎先生がボケたりと言う絶妙な絡みで話が進んでいきます。
生徒ではないので、普段から羽目を外すと言う事のない3人が子供に戻ってはしゃいでて、それを横で見ている月子もとても楽しそうでした。また違った一面を見せてもらいました。

特に面白かったのは「爆笑する琥太郎先生」と「秋の空の如く高いテンションで喋りまくる直獅」ですね。
そして琥春さんはもう月子が可愛くて可愛くて、目の中に入れても痛くない可愛がりっぷりでした。
そう言えば、他の2人のサボり防止用にと直獅が持っている笛を吹くと、琥春さんが3回までお説教に来ると言う設定シーンで、「天童先生、カムヒア!」が思い浮かんだのは言うまでもありません。(わかる人にはわかるネタです)

今回は楽しさ満載ではあるけれど、夏よりは甘くはないかな。その辺はやっぱり教師と生徒と言う括りがあるからだろうなとは思いますが。

Disc2はED後の話ですが、若い生徒たちとはやはり違って大人ならではの悩みも盛り込まれたストーリーでした。夏と同じく、カップルに他の2人が絡んで、と言う形。
学園にいる以上、教師と生徒だと色々制約も多いだろうしね。
あれだけ女とっかえひっかえ(失礼)だった郁ちゃんの初恋は月子なのか…


メイトまで張り切って買いに行ったはいいんだけど、色々と後回しになって聴いたのが1ヵ月後でしたと言うw

有妃 | Starry☆Sky | comments(0) | -
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
Leave a Comment!