<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 体験型ビジュアルサウンドドラマ「ヒカリ」 | main | うたの☆プリンスさまっ♪ -Amasing Aria- 一十木音也ルート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常/ 三上延
 ビブリア古書堂シリーズ第二弾。

普段はコミュ障なのに本の話をする時はものすごく生き生きしてるビブリア古書堂女店主篠川栞子と、本は読めないけど本にまつわる話を聞くのは好きな店員五浦大輔。
今回は2人の過去にまつわる話です。プロローグとエピローグの間に3話。第2話は大輔の過去が、第3話は「古書に詳しい、頭の切れる、得体の知れない」栞子の母の一端が垣間見えています。
 
第1話:「時計じかけのオレンジ」 / アントニイ・バージェス
栞子にまた店を手伝って欲しいと頼まれた大輔は、就職が決まらなかった事もあって再びビブリア古書堂へ戻る事になった。そんな時、以前本の盗難事件で知り合った女子高生小菅奈緒が訊ねて来る。彼女は大輔に相談したい事があると言って、あるものを見せた。それは奈緒の妹結衣が書いたと言う読書感想文だった。
規則の厳しい女子校に通っている結衣は過激な内容のこの本を読んだ事で学校から注意を受け、その後も両親から何かと干渉されている毎日だった。奈緒はそれをやめさせたいのだという。
大輔は奈緒に栞子にこの感想文を見せてもいいかと訊ね、栞子を苦手としている奈緒は躊躇したものの、承諾する。しかし、これを呼んだ栞子は「この感想文を書いた人は、本当の意味で時計じかけのオレンジを読んでいない」と断言する。

わたくし事であれなんですが、第1話の「時計仕掛けのオレンジ」は高校生の時に図書館で借りたのですが、余りに読みにくくて挫折した経験が…あれを小4で読んで読書感想文を書いてしまうとは、やはり普通の本オタクじゃないですねw
せとり屋の志田と奈緒の、本を通した親子っぽい友情も何か暖かいものを感じますね。立場が立場だけに知り合うってほぼ奇跡に近いんだけど。

第2話:「名言随筆 サラリーマン」 / 福田定一
大輔は友人の澤本と飲んでいる時、高坂晶穂と再会する。彼女と大輔は大学生の時恋人同士だったが、いくつかのすれ違いから別れてしまっていた。現在写真家のアシスタントをしているという晶穂は、父が亡くなったことで一時的に実家に戻っているのだという。
大輔は晶穂から父の遺した古書を買い取って欲しいと頼まれる。ビブリア古書堂に買い取って欲しい――それは亡き人の遺言だったのだが、栞子にとっては初見である自分の店がなぜ指名されたのかがわからなかった。
遺された本の査定をしていくうち、栞子は亡くなった晶穂の父の、娘への思いを託した一冊の古書の存在に気づく。が、それは値のつかなかったものとして、別の古書店に売られようとしていた…

作家司馬遼太郎を巡る親子の話だったんですが、別のペンネームで同じ作家が書いている本を見つけると何だかすごい得した!みたいな気持ちになるのわかる気がする。まだブレイクしてない頃の作品とかね。
晶穂につられて栞子が「大輔さん」と呼んでしまうところは思わずにやっとしましたw

第3話:「UTOPIA 最後の世界大戦」 / 足塚不二夫
ある日曜日、段ボール箱を持って査定に来た一人の男性客。彼は「足塚不二雄の「UTOPIA最後の世界大戦」はいくらで買い取ってもらえるのか」と言い残したまま、姿を消してしまう。栞子と大輔は残された住所を頼りに、男の家を訪ねる。
立ち去った男須崎は、栞子に是非聞いて欲しい話があるといい、2人を招き入れる。話とは、古書漫画コレクターだった須崎の父と、栞子の母の間であった経緯だった。
栞子の妹文香から「お姉ちゃんの前でお母さんの話はしないで」と聞かされていた大輔は、栞子の顔つきが次第に重く暗いものになっていくのを感じる。須崎の家からの帰り、栞子は自分達を置いて失踪したと言う母について、大輔に語りはじめた。

2話の終わりに大輔が栞子そっくりの肖像画を見つけているんですが、きっとお母さんも綺麗な人だったんでしょうねー。しかし藤子不二夫の初期作品にうん百万…(^ω^;)古書の世界は奥が深いと言うか、色々びっくりしますね。雑誌の付録についてたよくある別冊漫画がとんでもない値段になってる話も聞いた事があるしね。
「母の血を引いているから、一生結婚しない」というのはいかにも彼女らしいけどね。人よりも本を選んでしまう、無意識にそう悟ってるからこその言葉なんだろうけど。
 
プロローグ、エピローグ:「クラクラ日記」 / 坂口三千代
開店後のある日、大輔は栞子に呼ばれて店の二階へ上がる。そこにはありとあらゆる本で溢れかえっていた。栞子は「もう読まないから」と言い、坂口美千代の「クラクラ日記」を手渡して売るように大輔に頼む。栞子が好きではないとはずなのに5冊もの同じ本を持っていた事に、大輔は純粋な疑問を持ったが、それきりその本の事は忘れてしまう。
が後日、大輔は栞子がクラクラ日記を別に三冊持っていることを知る。栞子は自分を置いて失踪した母の、その中に書かれていたかもしれない自分へのメッセージを求めて同じ本を買い続けているのだと、大輔は気づく。

この話の中でクラクラ日記の著者坂口美千代は坂口安吾の奥さんで、他の人と結婚していたにもかかわらず、娘を自分の母に預けて安吾の元へ走ったという記述があったんですが、自分の行動を一冊の本になぞらえていなくなるって所が本好きの本好きたる所以て言うのかな、一筋縄ではいかないなと言う感じがします。
栞子が探しているクラクラ日記、先にお母さんが探し当てて持ってたりして…なんてのはさすがにないかw

2巻になって一気にミステリーっぽくなってきましたね。横浜の古書店へ行く約束をしてたけど、そこで何か見つかるんでしょうか。
有妃 | 本、雑誌 | - | -
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -