<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< うたの☆プリンスさまっ♪Debut  コンプリート | main | 気がつけば1ヵ月近くも開いていた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ / 三上延
 古書と絆の物語、ビブリア古書堂シリーズ第三弾。

今回は本に関する謎解きより、失踪した栞子のお母さんに焦点が当たってますね。古書あるところにこの母あり、みたいな感じ?

第1話:ロバート・F・ヤング / 「たんぽぽ娘」
常連の客に絶版文庫が少ないと言われ、栞子は店の本の入れ替えを計画する。翌日戸塚の古書市場へ出向いた2人は「ヒトリ書房」の店主井上と出会う。栞子の母智恵子との因縁を持つらしい井上は、大輔に「あれは壊れているだろう」と言う意味深なささやきを残す。
栞子は会場で売れそうなSF小説数冊を見つけ入札するが、それは井上に落札されてしまう。落胆する暇もなく、今度は出品していないはずの品が見つかるという珍事が起こる。
後日、大輔は古書市で経営員をしていた滝野蓮杖から思いがけない連絡を受ける。井上が落札した数冊の本の中に盗難にあった物があるらしい。その本とはロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」だった。
店に怒鳴り込んできた井上は「もし篠川が犯人でないというのなら、今年中に犯人を捜してこい」と言い、栞子が持っていたたんぽぽ娘を強引に持っていってしまう。
井上と大輔のやり取りを知った栞子は、何故か大輔を飲みに誘う。その席で栞子は「もう犯人は誰なのかはわかっている」と大輔に告げる。

第2話:「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
年が明けて、大輔は電車の中で坂口昌志の妻しのぶにあう。しのぶはわけあって子供の頃に読んだと言うある本を探していて、それに協力して欲しいという。書名も著者もわからないという「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」と言う手がかりしかなかった。
後日、店を訊ねてきた坂口は、自分との結婚が原因でしのぶが実家と絶縁状態にある事を話す。前科を持つ坂口と結婚したことで両親と大喧嘩し、そのまま和解の糸口が掴めないのだと坂口は言った。一緒に行ってやれない自分の代わりにと頼まれた栞子と大輔は、しのぶに付き添い彼女の実家へと向かう。
しのぶの実家で見た「なかよしのいえ」と書かれた主のいない犬小屋が、栞子は気になっていた。ある日文香がつけていた猿のマスコットに目を止めた大輔は、それがチェブラーシュカという名前だと知る。そして一緒にぶら下がっている犬は「トービク」と言う名前だと言われて2人は驚く。「トービク」とは、しのぶが小学生の時拾って飼っていた犬の名前だった。

第3話:「春と修羅」 / 宮澤賢治
滝野と会った大輔は、栞子の近況を話す中で以前智恵子が客から古書に関するトラブルを引き受けていた事を聞く。彼は古書店同士の話の中で、栞子が母と同じ仕事を時に引き受け始めたらしいと言う噂を聞き、良くない客を呼び込む可能性がある事を懸念して大輔にも注意を促す。
数日後、大輔は栞子からある場所についてきて欲しいと言われる。そこは母・智恵子の古い友人玉岡聡子の自宅だった。亡くなった聡子の父はビブリア古書堂の客で、亡き人の書斎へ通された2人は宮澤賢治の「春と修羅」の初版本を見せられる。そして聡子は栞子に「母と同じことが出来るか」と訊ねた。彼女の父が持っていたもう一冊の「春と修羅」の行方がわからなくなっていて、それを探して欲しいのだと言う。
聡子の兄夫婦から話を聞いているうちに、2人はある人物にたどり着く。聡子の甥である昴と言う少年は、栞子と大輔から指摘された事から、聡子から「春と修羅」を持ち出したのは自分だと認める。彼は祖父に当たる人物からある課題を出されていたと言い出した。

プロローグ・エピローグ:「王様のみみはロバのみみ」
文香が綴る誰にも知られてはいけない日記。

今回は肉親にかかわる話がメインでしたね。血が繋がっているからこそ憎く、どろどろしたものを隠せないまま生きてきたしのぶと両親、聡子は父が孫である昴に価値ある古書を譲ってしまうのが惜しくて栞子を巻き込み大芝居を打ったけれど、それは見破られて。
で、エピローグでやはりそう来たか!と思いましたね。でなければ説明がつかないですし。
しかも井上の所にクリスマスカードまで送るとかすげぇ度胸wwお母さん色々暗躍しすぎでしょう。
灯台下暗しで未だにクラクラ日記を買い続けている栞子がちょっと気の毒じゃないかな…いい加減教えてあげて…

有妃 | 本、雑誌 | - | -
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -