<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レ・ミゼラブル 名古屋公演 | main | 文鳥の日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
Ever Blue Sounds / TVアニメ Free!オリジナルサウンドトラック
 一目見て瑞々しい!!と叫びたくなるようなジャケット。そう、Freeって青が頻繁に使われているのも好きな理由の一つだったんだなぁと思います。

最終回のスペシャルEDテーマ曲「EVER BLUE」フルver.を含むアニメ、ドラマCD、ラジオ、DVD特典映像などで使われた64曲のBGMが2枚のディスクに収録されています。通しで聴くと2時間かかりました。聴き込む事をしなくてもいい、何かしながらと言うスタンスで聴けるのがサウンドトラックのいい所ですね。

ブックレットの中で音楽を担当した加藤達也さんが「POPさ、オシャレ感、軽快感、そして通常の劇判音楽とは一味違うトンガッた音楽」をコンセプトに作ったとおっしゃっていて、弾けるような曲もあればコミカルな曲もR&B調もラップもありで、画面の中で生き生きと動いていた彼らの事を思い出します。
これは遙っぽいとか真琴っぽいとか、そう言った感じを受ける曲はありますね。Disc1に「I need you」と言う曲があるんですが、これは裏タイトルが「ハルじゃなきゃダメなんだ」だそうで(笑)6話見てた人はあああの場面か!と思い出せる事請け合いですww
ただ、64曲もあるサウンドトラックなので必ず「あれこの曲どこで使われてたっけ?」なんて曲が必ずある…勿論この曲は覚えている!とはっきり言い切れるものもあるんですが。特に「Taste the satisfaction」「Words that changed my life」はよく使われてたので覚えてます。「Rhythm of port town」は岩鳶町の景色が浮かんで来そうです。「Aggressive groove」はいかにも凜の刺々しさを現していて、「Taste the satisfaction」はもう聴いただけでFree!の世界観が見える、そんなBGMではないかと思います。

そして「EVER BLUE」ですが、夏と言う1つの季節を通り過ぎていこうとしている、そういう意味では確かに卒業ソングと言えるかも。やっぱりフルで聴きたかったので買う一番のきっかけになったのですが、「SPLASH FREE」を初めて聞いた時からもう一度5人の歌が聴きたいと思ってきただけにこれは嬉しかった。
これからも遙たちの青(水)が永遠でありますように。

わたしも加藤さんと同じく、まだまだ遙たちを見ていたいので是非2期をお願いしたいです。


有妃 | Free! | - | -
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -